在韓10年目 韓国人の夫、娘2人、ワンちゃんの4人プラス1匹暮らし


by seoulhappydays
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みーの韓国語

今回、日本から戻ってきてからの不安の一つにみーの幼稚園への適応状況がありました。

日本に帰国した当初は私も気をつけて時々は韓国語の絵本を読んであげていたりしたのですが、いかにせん日本語どっぷりの生活。
日本語オンリーの生活が続いていました。
以前から私とのコミュニケーションは日本語だったので全く心配はしていなかったのですが、日を重ねるごとに子供らしい日本語、そして方言、加えて父が話す年長者の日本語。
かなり自由に操り、母と二人で驚いたものでした。

そんなみーがいつの日からか、パパとの電話も「うん・・・うん」となり、そのうち日本語で話すようになっていました。
本人も、「パパの国の言葉忘れちゃった~」





実際帰ってきてみると、祖父母とのお話も「・・・ママ、何て?」と通訳を頼むほど(みーもそうだけど、私もしどろもどろなんですけど・・・^^;)
そんなみーだったので先週の金曜日に幼稚園にご挨拶に行って担任の先生によくよく頼んでおきました。

緊張のまま迎えた月曜日(私が)。
帰ってきたみーは「楽しかった~^^」
担任の先生からの連絡では身振り手振りを交えてのコミュニケーションだけれど、お友だちと一緒に遊んでいたとのこと。
ホッと一安心です。
そして火曜日。
自分のお部屋で歌っている歌は韓国語。
何でも幼稚園で習った「コスモス」という歌。
パパにも韓国語でお願いしているし・・・
お部屋で何をしているのかというと、机について何やら書いています。
こっそり見てみると韓国語の練習帳。
そういえば、先生が幼稚園でハングルの時間に一緒に手を添えて書いたと言っていたっけ?
本人、それが不本意だったのかはたまた楽しかったのか自主練習。
そして夜の歯磨きタイムには洗面所からかわいい声が・・・
よく聞くと「(韓国語)私は○○(お友だちの名前)です。昨日は○○をしました。楽しかったです。ありがとうございました」と、お友だちの一言スピーチを真似ている様子。

毎週水曜日は団地でマーケットが開かれる日。
一昨日も子ども用の韓薬の宣伝が行われていて、お姉さんの「そこのお譲ちゃん!一つ飲んでいったら?」に、つないでいた私の手を離し振り返っています。
あらら・・・聞こえて理解できたのねと少々驚きました。

私たちのような環境では習得できやすい環境とはいえ話せて当たり前・・・のようですが、やっぱり努力も必要なんだと実感しました。
まあ、それを努力と呼ぶのかどうかは別として・・・

これからまだまだ続く言葉の習得の道。
バランスをとりながらうまく伸ばせていけたらなあ・・・と思っています。
[PR]
by seoulhappydays | 2010-10-22 03:44