在韓10年目 韓国人の夫、娘2人、ワンちゃんの4人プラス1匹暮らし


by seoulhappydays
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

子どもの安全対策

先日韓国のテレビで、子どもの誘拐が多発しているとのニュースを見ました。
そして、先ほどは横浜で2歳の女の子が刺される事件が起こったとの事。

それでというわけではありませんが、最近のみーのお散歩スタイル。
a0079990_13204065.jpg

a0079990_13211189.jpg


道行く人の視線を感じますが、やはり安全にはかえられません。
確かに「犬のように…」なんて声もありますが…

最終的に子どもの安全の責任を負うのは親しかいませんから。

私の母親は子どもの事故のニュースを見るたび心臓がドキドキすると言っていました。
そして、電話のたびに「気をつけてね」と耳にタコができるほどに言われます。
交通安全のためのハーネス購入でしたが、誘拐のニュースを見ると親が「子どものことを気にかけていますよ」というシグナルにでもなればとも思います。

でも、これが万能だとは思っていません。
子どもって行きたい所や興味の対象があれば、全力でそれに向いますし、大人が力を加えることで反動で転んでしまうということも無きにしももあらず…
人の多い所や階段などでは必ず、手をつないでが基本です。

本来ならこんなもの使わなくてもいい所で遊んだり歩いたりできるといいのですが、ベビーカーで行けるのには限界があり、車の運転が荒いまたは、団地の中では車が横行している現状では仕方ないかと考えています。
それに、最近では車以外にも人も怖いですね。

外に出ると、気をつけているつもりでも何かに気をとられる瞬間ってあるんですよね。
例えば、知っている人に会った時や、大きな音がしたりetc…
そんな時って、一瞬注意がそちらにとられて娘から目が離れていたりします。

外に出るって事は(うちの中でもそうですが)緊張感を常に持っていないといけないですね。
親の責任って痛感します。
[PR]
by seoulhappydays | 2007-05-25 13:22 | 子育て 2007年以前