在韓10年目 韓国人の夫、娘2人、ワンちゃんの4人プラス1匹暮らし


by seoulhappydays
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「売上ランキング」の弊害

昨日は、7時のニュースが終わっても、まだ遊び足らない様子のみー。
一日雨で外遊びが出来なかったから、あまり疲れてないのかも・・・
寝室で遊ばせながら、ふと消し忘れたテレビから現在の本屋さんの現状の報告が流れてきました。



クローズアップ現代の「ランキング依存が止まらない」でした。
(ここ最近、リンクができないので興味のある方はNHKのサイトから探してみてください)
ある有名な出版社が倒産してしまい、そこから現在の出版業界の傾向を探っていました。

巷の大型書店はコンビニなどと同様POSシステムをとっている所が多く、そのため書名を入力するとランキングに応じて平積み、返品などの指示がでるということです。
ランキング重視なので売れる本の一極集中が顕著となっているそうです。

よい例が、本屋大賞。
いずれも売上が伸びたのは、大賞をとった1作品のみ。
その他の本は、時間とともに徐々に売上が落ちてくると言うこと。
残念です。

ここではた・・・と思うのが私の本の選び方です。
私もランキングはよく見ています。
やっぱり一つの目安ですからね。
でも、本屋さんまでもこの傾向に走ると欲しいと思った本がその場で入手できず、注文待ち・・・ということになります。
出版社もよい作品を時間をかけて作り上げ、じっくり売っていく・・・ということが出来なくなってきていると言うことです。
本好きにとってはとっても残念なことです。

韓国にいる間は、どうしても手にとって・・・ということができないので、仕方ありませんが、日本に帰るとよく本屋へ足を運んでは実際に見て触って楽しんでいます。

こちらにいる間は、ランキングそしてNHKの「週刊ブックレビュー」を参考にしながら(これが月曜日の午後8時に放送されていたのが、深夜2時に変わってしまい、時々眠気に負けて見逃してしまうこともあります。)、実家の母に「お願い~」。

それにしても、ランキング重視っていうのは今の社会の問題が凝縮されているような気がします。
多様化しているようで、ステレオタイプ的になってきているのではないか・・・と心配になってしまいます。
[PR]
by seoulhappydays | 2008-06-05 12:02 | その他