在韓10年目 韓国人の夫、娘2人、ワンちゃんの4人プラス1匹暮らし


by seoulhappydays
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

読書と辞書

私の読書スタイルは、本のサイズによって読む時間を変えています。
といっても、特別複なことではなく、個人指導のための移動時間やみーの外遊びの合間に・・・などという時はハンディな本を選んでいます。
なので単行本サイズになると、当然重量感がありますので自宅で読むことになります。




現在は外ではジョングリシャムのThe Appealを読み、自宅では3度目の正直・・・ならぬトライで、高村薫さんの「 晴子情歌」を読んでいます。

これは私にとってなかなか集中力を要します。
特に母から息子に宛てた書簡。
旧漢字で書かれているので、ところどころに振り仮名があるものの読めずにスルーしてしまう所も・・・
また、読めても「あ~意味がわからない!」で辞書を引くこともあり、ふと思いついたのが、最近話題の辞書引き学習法
ただし、これは子供用であるので、大人が引いても付箋でいっぱいにはなりません。
それよりも、普通の辞書では(広辞苑などの項目数が多いと違うのでしょうが)見つからない言葉も少なくありません。
というわけで、オンライン辞書を活用するようになりました。
となると、PCを使える状況での読書になって気合が入っての読書となりました。

現在、自分が引いた言葉を後で見返すようなことができないか考え中です。
エクセルでファイルを作ろうかなあ~~~

それと、もう一つ課題が見つかりました。
日本の現代の作家(自分より年上の)の方の作品を読むと、60年代安保が影響している作品って思いのほか多く、これももう少し知らないとなかなか作品を掘り下げることができないなあ・・・と壁を感じています。

それにしても、ベッドに横になって、寝る前に軽く読書・・・が懐かしい今日この頃です。
[PR]
by seoulhappydays | 2009-05-31 21:03 | その他